横浜国立大学理工学部 機械工学教育プログラム

概要

機械工学教育プログラムの特徴

  • 材料力学、熱力学、流体力学、機械力学、自動制御などの基盤領域の教育を重視
  • 機械工学の基礎を体系的に教育し、多様な分野で活躍できる資質を備えた人材を養成
  • 機械要素設計製図、機械工学実験、EV-Mileageなどの実践的かつ特色ある授業を実施

履修の流れ

履修の流れ

教養・基礎分野

  • 物理の力学系分野および演習を重視
  • 数学系分野および演習を重視
  • 社会人としての人文系教養分野
  • 情報系分野と演習の充実
  • 化学系科目
  • 語学・一般教養

専門分野

  • 機械工学の基盤的科目
  • より高度な専門分野を学習する講義
  • 専門分野に関する実験とプレゼンテーション
  • インターンシップ科目

卒業研究

  • 最先端の研究(研究分野参照)

履修モデル

 教育プログラムでは、履修案内に応じて独自の履修モデルを構築することができます。履修モデルのサンプルには次のようなものがあります。
サンプル1 サンプル2 サンプル3

機械工学教育プログラムにおける科目およびそれ らのつながり図

特色のある授業風景

講義棟で行われる授業の様子です。実験や演習などの科目では、少人数教育による親身な指導を心掛けています。



設計製図の授業で使用されるCAD(Computer Aided Design)室


コンピュータを用いた設計製図の様子です。


設計製図の課題例(ポンプ)です。動画はこちら


機械工学教育プログラムでは、少人数のグループごとに、各種専門分野に関する様々な実験テーマに取り組みます。実験テーマはバリエーションに富み、 教員や大学院生のティーチングアシスタントのサポートの下、学生が主体的に取り組めるような内容となっています。また、プレゼンテーション能力や技術文書 作成能力の養成のため、各種演習も取り入れています。


応用機械設計製図の授業の一環として、EV-Mileageと題する電気駆動自動車(Electric Vehicle)の設計・製作と成果を競うレースを行っています。電気駆動自動車は定められたレギュレーションの下、学生グループ自らが設計・製作しま す。


写真の矢はどのように作ったのでしょうか?機械工学実習では、工作機械を用いた加工方法や技術、溶接、エンジンの分解・組立などについて学びます。


ページトップ